2010年01月05日

住宅ローン審査速攻承認プログラム




住宅ローンに関しては、銀行によって、あるいは担当者によって、意外に対応の温度差があり、私たちにはその審査基準等もブラックボックスでした。

どのローンを利用するかによって、将来の返済金額の総額が大きく異なるにも関わらず、プロでも適切なアドバイスが困難だったのです。

今回のプログラムは、まさに住宅ローンに関してはバイブルになるような資料でした。

一般消費者はもとより、私たちのように消費者の住宅取得のサポートを行うプロにとっても、有益な情報がたくさんです。

>>> http://www.infotop.jp/click.php?aid=158548&iid=30258




私は今までに、
大手都市銀行にて住宅ローンの融資業務や
住宅取得に関する仕事に10数年、携わって参りました。

銀行員時代、様々な住宅ローン融資案件に関わって参りましたが、
冒頭のAさんのように『本来なら審査に通るはずなのに通らない』
といった人を、数え切れないほど見てきました。

実際に、銀行に保管されている、「通らなかった人のデータ」と、
「通った人のデータ」を見比べれば、あなたもきっと、
不思議な事例を見つけることが出来るでしょう。

『本来なら承認されるはずの人が非承認』
本当に、その数は決して少なくないのです。

また、通ったにしても、予定以上の『理不尽な大幅減額』を
余儀なくされてしまうケースも非常に多いものです。

>>> http://www.infotop.jp/click.php?aid=158548&iid=30258




■ 年収300万、勤続1年で住宅ローンが承認された方法とは。
■ 好条件が揃っていたのに非承認になってしまった理由とは。
■ 非承認に繋がる「伝えてはいけない話」とは。
■ 一度申込して否認になってしまったのに再申し込みで承認になる理由とは。
■ 他に借入があっても承認になる人の秘密とは。
■ 過去に借入の延滞歴があっても承認になる方法とは。
■ 自己資金なしでも思い通りの夢のマイホームを手に入れた方法とは。
■ 場合によっては最短1週間で融資を受けることも可能な方法とは。
■ 一発承認を狙える、万全の下準備の秘訣とは。
■ 申込して否認になるという恥ずかしい思いをしなくて済みます。
■ 頼りない新人担当者ではなく、 ベテランに担当してもらえる方法とは。

>>> http://www.infotop.jp/click.php?aid=158548&iid=30258




言ってはいけないことを伝えてしまったばかりに、
住宅ローンの申込ができなくなってしまったり、
逆に、言わなければいけないことを隠していたために、
住宅ローンが否認になってしまうことが往々にあります。

あなたはこれらの質問に即答できますか?

■ 団体信用保険加入の際に入院歴があることを言うべきかどうか?
■ 勤続年数が1年未満なのを隠すべきか否か?
■ 借入後すぐに転職する予定があることは告げるべきか?
■ 定年退職が2年後であることは?
■ 車のローンを支払っていることは?
■ 収入合算する予定の奥様が仕事をやめる予定であることなどは?
■ 消費者金融で借入があることは言わなくてもOK?
■ カードで買い物をしていて返済中であることは言うべき?
■ もうすでに職場を退職していて現在無職であることは?
■ 近々離婚予定だということについては?
■ 他の銀行でローン審査が非承認になっている事実は?

>>> http://www.infotop.jp/click.php?aid=158548&iid=30258




>>> http://www.infotop.jp/click.php?aid=158548&iid=30258

posted by ta9 at 23:51| 千葉 ☀| Comment(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。